景品と種類について

景品と法律

景品はもらって嬉しいおまけです。景品には、景品表示法という法律が存在します。定義としては、お客の勧誘目的、事業に関連する商品やサービス提供、利益の供与とされています。景品に関しては、それぞれ規制もあり、共同懸賞、一般懸賞、総付景品の種類に分けることができます。景品付きのサービスやものについては、もっと良いものを付けたら良いのにとか、この企業はあまり良いものはないと思うことがあります。決して出し惜しみをしているのではなく、法律を守って行なっていることで、これが限界とサービスを提供しているケースがほとんどです。景品表示法違反をして企業に損失が出ることのないようにしている、という意味では良いサービスを提供していると言えます。景品の定義で、お客の勧誘がありますが、景品の有無によっては、売上や業績に大きく影響することになります。

ですから、各企業は知恵を絞り、損失を出さずによりよりサービスとして景品を付けて、多くの客の勧誘をすることを大きな目的としています。余興などで使用する景品については、法律は関係ありません。こちらは、お好きなものを予算内で選択してください。あえて、この時に景品を定義の中から選ぶとしたら、お客への利益供になります。最近では、景品などを専門に取り扱うサイトなども登場し、バラエティ豊かな景品を安く集めることもできます。幹事さん必見の情報が満載のサイトもありますから、景品集めに利用してみてください。

一般懸賞とは

景品表示法の一般懸賞とは、くじなどの景品を言います。この時の規定としては、5,000円未満の場合は、景品の最高金額が取引価額の20倍です。5,000円以上の取引では、最高10万円までになっています。そして総額は、懸賞に関係する売上予定総額の20%となっています。一般懸賞の主なものとしては、抽選券やじゃ・・・

共同懸賞とは

共同懸賞による景品は、年末の商店街の景品など、複数の事業者が参加して行なうものです。これには、少し厳しい決まりがあり、最高額はどんな時でも30万円までとして、懸賞に関係する売上予定総額の3%となっています。回数に関しては、1年間に3回までで、70日間の期間内で行なわなければならないとされています・・・

総付景品とは

総付景品とは、みんなにプレゼントといったものです。別名ベタ付け景品と呼ばれて、抽選もあたりも関係なく、もれなく差し上げますと言った内容の景品になります。先着何名様、申し込み順と言ったものに関しても、総付景品になります。取引金額が1,000円未満の場合は最高200円、1,000円以上の場合は、取引金額・・・